2017年05月上旬 きっと、バレたら最後 ― 密かに始めた”覗き見”ゲーム


今週は洋画9タイトルがプライムビデオに追加されています。
おすすめは『ディスタービア (字幕版)』です。

教師「お前はまともに返事もできんのか、このろくでなしめ。」
挑発で起こした暴行事件の結果、3か月の自宅監禁に処される羽目になった。危険人物として、足首にGPS監視システムが装着された。

おれの行動範囲は自宅の中心からわずか半径30メートルに制限される。このGPS装置のランプが緑なら安全圏内、赤が点滅したら10秒以内に戻らなくてはならない。

外出制限された中で、自由を求めた。そこで、密かに始めたのがこの覗き見ゲームだ。いわゆる、大人の悪戯ってところ。郊外だけのエンターテイメント。遊びで始めたはずだった。双眼鏡で覗いた隣家の異変に気がつくまでは。きっと、バレたら最後、ゲームじゃなくなる。

タイトルのディスタービア(Disturbia)とは、妨げる(disturb)と郊外(suburbia)から。

学校での暴力事件を機に、自宅軟禁に処せられた高校生ケール。自宅に閉じ込められ、許された行動範囲は半径30m。退屈しのぎで近所を双眼鏡で覗いていたところ、隣人による殺人現場を目撃。殺人鬼との視線が交差したとき、緊迫の駆け引きが始まる…。ハラハラドキドキしっぱなしの展開に目が釘付けのサスペンス・スリラー!

Amazon『ディスタービア (字幕版)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着作品

2007 │ ディスタービア (字幕版)
2011 │ ブローン・アパート (字幕版)
1982 │ 愛と青春の旅だち (字幕版)
1987 │ 摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に (字幕版)
2002 │ バーバー(字幕版)
2012 │ ダーク・シャドウ(吹替版)
2003 │ フレディ vs ジェイソン(字幕版)
2011 │ ヒア アフター(吹替版)
2000 │ グリーン・デスティニー (字幕版)